CBDオイルとは大麻由来の成分ですが、THCという違法性のある成分を排除したもので合法な製品です。

しかし、まだあまり身近な製品ではないため、利用するにあたって捕まる心配や体に害があるのではないかという不安を抱える人もいるでしょう。

そこで、CBDオイルは合法かどうか、大麻のようにキマる・ハイになることはあるのかについて解説します。

CBDオイルを所持で捕まる可能性がある?

CBDオイルは合法な商品ですが、購入・所持・摂取をして絶対に捕まらないということはありません。

日本において、CBDオイルにはTHCが含まれるものは完全に違法なものです。

アメリカでは製品中THCが0.3%未満であれば「THCフリー」のラベルを貼ることが可能であり、CBDオイルにも「THCフリー」と記載されているので注意です。

これを知らずに輸入してしまうと完全に違法になってしまうので、必ず詳しい成分情報までチェックしておく必要があります。

また、日本では大麻取締法によると「大麻草の成熟した茎および種子から採取された成分のみ大麻取締法から除外する」とのことで、言い換えるのであれば、大麻草の成熟した茎および種子からのみ抽出されたCBDで作られたCBDオイルは合法になるということです。

しかし、成熟した大麻草の茎や種子以外の、葉や花穂などから抽出されたCBD成分から作られたCBDオイルは違法な製品となります。

CBDオイルでキマることは可能?

CBDオイルは大麻と同じ、麻由来の成分から作られています。

そのため、CBDオイルを利用した場合にも、大麻のようにハイになるような作用はあるのでしょうか?

CBDにハイになる効果なし

日本で流通しているCBDオイル・CBD製品には、THCという強い陶酔作用をもたらす成分が含まれていないため、「キマる」「ハイになる」効果はないです。

精神的にこういった作用が働く場合は、違法なものとしてみなされてしまうのですが、CBDオイルはその点安心して利用できます。

CBDにはリラックス効果が期待できる

CBDには精神作用は働かないので、大麻のようにキマることはありません。

もしCBDオイルを利用してキマると感じた場合は、THCが入っているCBDオイルを利用した可能性や、気のせい・勘違いの場合があるので前者の場合は違法になるのでしっかりと製品を調べてください。

CBDを摂取した場合に得られる効果は「リラックス効果」「ストレスを緩和する効果」など、健康的なメリットです。

かなりリラックスした気分にな気持ちよく睡眠して疲労を取り除くことができたり、ストレスを和らげ不安をなくしてくれる作用があります。

そのため、CBDでは全くキマることはないので、安心して利用できます。

CBDの効能紹介

  • 痛みを緩和
  • 不安、鬱などの症状を軽減
  • 不眠症軽減
  • 癌の症状における鎮痛緩和
  • てんかん、皮膚病への効果
  • 糖尿病の予防
  • 痴呆症の予防
  • 薬物乱用抑制効果

CBDには上記効能が確認されており、むしろ好んで摂取したい成分となっています。

副作用も多量に摂取しないと起きないため、用法用量を守って利用すれば健康に期待できる効果ばかりです。

大麻のようにトリップするといったことはないので安全に利用できるのがCBDオイルです。

まとめ

CBDオイルは、THCフリーの製品であれば日本でも合法的に使用することができるので、海外から輸入する場合は詳しく成分をチェックしておきましょう。

また、ハイになる効果があるTHCが含まれていないので、リラックス目的、ストレス緩和を目的とした利用をしましょう。

ただ、中にはアレルギー反応を起こす人もいるのでまずは少量で体質を確認しておくことが必要です。

おすすめのCBDリキッドを使った電子タバコはリラモード!純度が高いCBDを使っているので効果を実感しやすく、現在お得に始められるキャンペーンが開催中です。